大阪堺市の伝統工芸注染手拭いがランプシェードとして生まれ変わりました。

心開く、語ら灯「かたらひ」は、大阪・堺の注染手拭いを使ったオリジナルブランドのランプです

新着news/イベント

2015/11/16

18日~20日に開催される
東京ビッグサイトでのakari image会場にて
見ていただく予定の 動画を
語ら灯フェイスブックにて アップいたしました。

是非 ご覧下さい。


2015/10/14
11月18日(水)~20日(金)
東京ビックサイト
インテリアトレンドショーJAPANTEX内で
照明展「アカリ・イマージュ」に出展予定となりました。

20~30台を展示する計画です。
 
2015/07/01
ネットショップを開設いたしました。
ネットショップへ のバナーより ページが開きます。

是非一度 ご訪問下さい。





2015/06/19
堺市立総合医療センター開院にあたり 6月21日の内覧会にて展示させていただきます。
2014/10/09
本日より、にじゆらさんの計らいにより堺高島屋さんの催事場所に展示させて頂いております。
お近くに来られた際は、是非お立ち寄りください。
https://www.facebook.com/events/1467073553574978/?ref_newsfeed_story_type=regular
2014/09/06
HPをリニューアルいたしました。
語ら灯シリーズ、スタンドタイプは近日発売予定です。

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


fb

2



2



3


ットショップへ
          

          

コンセプト concept


  
心開く、語ら灯


このランプは「注染」と言う歴史都市「堺」の伝統的な技法によって染められた「手拭い」をランプシェードに用いたランプです。

「注染」の最大の特徴は、裏表の区別なく染められており言わば木綿のステンドグラスといったところです。

独特の「にじみ」や「ゆらぎ」が美しく職人によっての手作業のため一枚ずつ異なる風合いを味わえます、まさにオンリーワンではないでしょうか。

このランプのもうひとつの特徴は、シェードである「注染手拭い」を「誰でも簡単に交換」できるところです。

お客様のお好みやお部屋のイメージ・季節などお好きなタイプのシェードを自由に交換してお楽しみいただける商品となっております。

また、手拭いのデザインオーダーや名入れも可能です。

ランプ本体は竹製で高級感があり誰でも簡単かつ安全に組み立てできるように設計されております。

それにより在庫のスペースやお客様のハンドリングも有利になるよう考慮しております。

私の生まれ育った街、堺の伝統工芸である注染手拭いを世界中にの一人でも多くの方に知ってもらえればと思い、手拭いブランド「にじゆら」とのコラボレーションにて誕生した商品です。

この灯りの元、世界中の人々の愛の語らい、友情の語らい、夢の語らい、のきっかけになれば幸いです。


株式会社かたらひ
語ら灯プロデューサー 中尾 良広



Katarai


The Katarai brand is the result of a desire to share with the world the magnificence of chusen-tenugui (hand-dyed kerchiefs), a traditional handicraft of my hometown, Osaka Sakai. As I struggled through repeated trial-and-error trying to find a way to convey the virtues of chusen-tenugui to peoples abroad, I noticed a unique quality of the reversible cloth. When held up to the light, the rays pass through almost like a beautiful stained glass lamp. Thus, Katarai began as a brand of 'stained cloth lamps' using brilliant chusen hand-dyed prints. The kerchiefs are made of cotton cloth using the proud 300-year-old tradition of wazarashi (Sakai cotton blanching). They are then vividly dyed in the chusen method by an experienced artisan. Reborn as lampshades, they exude a handmade warmth, and light feels more gentle. Surrounded by this warmth, I hope that Katarai can be born into the world as brand that stands for family, friendship, dreams, and love.


「語ら灯」ブランドとは

語ら灯プロデューサー紹介

1    プロフィール紹介

注染の街、堺生まれの堺育ち

祖母や母が街の手拭の整理屋
(染め上がった手拭を切ったり畳んで整理する会社)
で働いていたこともあり手拭はいつも身近な存在でした。                          
高校卒業後、橋梁の設計事務所に入社後、25歳で先輩と会社設立。43歳まで18年間勤務
自己の思いを実現するため退職、独立、本業である現在の会社CTUを設立現在に至る。

2013年11月 3年間の思いを形にするため株式会社語ら灯(かたらひ)設立

■株式会社かたらひの設立への想い


子供の頃から物作りが大好きでいつか自分で作ったもので商売をしたいと考えていました。
数年前、地元の染物工場の株式会社ナカニさんが手拭いブランドを立ち上げたことを知り、元々手拭いが身近だったこともあり、手拭いにすごく興味を持ちました。
当時、地元の業者も徐々に減り染物工場も斜陽産業のひとつになっていましたが、そんな状況で「染め工場がブランドを立ち上げて販売店まで始める」ということに正直衝撃を覚えました。

このことが大きなキッカケとなり、自分も手拭いで何か出来ないかと考えた末、辿り着いたのが…

『手拭いをランプシェードに使った照明器具』の製作でした。

ナカニさんが立ち上げたブランド「にじゆら」の手拭いはランプシェードにすることによりまた違った美しさやぬくもりを感じることが出来ました。
また、ランプシェードが”簡単に着せ替えができる”ことも季節ごとや様々なシーンでも楽しんでいただけるのは、最大の魅力の一つです。

堺の伝統産業である注染技術を今までにない形で受け継いでいく。

注染手拭いを使ったランプシェード「語ら灯」というブランドとして、国内はもとより世界中の方々に知って使っていただくことを目標にしています。


展示会出店の様子はこちら